社員インタビュー

新たなIT社会の到来を迎え、
ITで考え、ITで実現できる人材を育成。

  • BS2部 1課入社4年目 T・NBS2部 1課入社4年目 T・N
  • BS2部 3課入社4年目 T・TBS2部 3課入社4年目 T・T
  • BS3部 1課長入社11年目 K・HBS3部 1課長入社11年目 K・H

研修制度が整備されているので入社後も安心。
近い将来、プロジェクトリーダーになりたい!

アプリケーションプランニングに入社した理由は?

今後成長が見込める業界に絞り、「IT業界なら間違いない!」とIT企業を中心に就活しました。何十社と会社説明会に参加しましたが、他社で時折感じることがあった不透明さがAPPにはなく、「ここなら働きやすそうだ」と思いました。私は経営学部出身ですが、APPは文系理系の出身を問わず、在籍する社員も文理が半々だと聞いていました。研修制度が整っていることも入社前に把握していましたので、仕事内容についてはまったく心配しませんでした。

入社後、どのような社員教育を受けましたか?

入社してすぐ、2か月間の新入社員研修があります。コンピュータやプログラミングの研修も興味深かったですが、もっとも印象的だったのは航空会社出身の講師によるマナー研修です。私は話し方がモゴモゴする癖があるのですが、その点をきっちり指摘されました。実際、現場ではお客さまやチーム内でのコミュニケーションが多く、「はっきり話す」ことが大切だと痛感しています。今も先輩に注意を受けることがあり、自分でも修正していきたいところです。

入社してみて、社風をどう感じますか?

先輩との距離が近く、フレンドリーな社風だと思います。
当社には「メンター制度」があり、入社後2年目まではメンターと呼ばれる先輩社員が新入社員の身近で指導してくれます。私のメンターは30歳ぐらいの先輩社員。とても優秀で頼りになる存在ですが、同じ失敗を繰り返すと厳しく注意されます。しかし、注意を受けた夜は飲み会に誘ってくれ、「今日注意したのには、こういう理由があるんだ」と必ずフォローしてくださいます。理由を聞くと確かにそのとおりで、私も「もっと成長しなくては…!」という気持ちになりました。

将来の目標を教えてください。

直近の目標はコーディングスキルを向上させること。1日も早く、一人前のシステムエンジニアになることです。
少し先の目標はプロジェクトリーダーになること。リーダーとして、お客さまとやりとりしながらコストや作業工程を管理してみたいです。プロジェクトリーダーになるには7~10年ほどかかりますが、自分にもっと力をつけ、全体を指揮することが目標です。

独立系IT企業だから多彩な仕事ができる。
将来はグローバルシステムのプロジェクトに!

現在の仕事内容は?

今大手金融機関の信用保証業務のシステム開発に携わり、10名のチームのリーダーを務めています。
普段はリーダーとしてチームメンバー全員に目を配り、一人ひとりの歯車がうまくかみ合って業務が進んで行くよう日々配慮しています。私は方向性を決めることがおもな業務で、実際に手を動かすのはメンバー。自分の頭の中で描いたことがメンバーの手で形になることに面白さを感じます。忙しいときは各自のスケジュールを調整してメンバー同士で助け合い、それでも間に合わないときは私自身がプログラミング作業に入ることもあります。

仕事で喜びを感じる瞬間はどんなとき?

金融機関の窓口をお客さんとして訪れ、私たちが手がけたシステムが稼働しているのを自分の目で確かめる瞬間です。ユーザーとして使ってみて初めて、「あ、動いている!」と実感できるんです。私たちの生活の基盤となるシステムですし、最終的に形になって目で見えるのは楽しいですね。

アプリケーションプランニングのいいところは?

まずアットホームな社風。客先に常駐していますので、本社に戻るのは月に数える程度なのですが、私の顔を見ると役員の方々がみなさん声をかけてくださいます。そんなとき、冗談を交えながらこちらの要望を伝えることもできますので、風通しのいい環境だと思います。
そして大手企業の系列ではなく、独立系であること。そのため、客先を限定されず、金融系・流通系・運輸系などさまざまなシステムに携わることができます。私は専門学校でプログラミングひと筋に勉強してきましたが、独立系という理由で当社を選びました。

将来の目標を教えてください。

例えば全世界共通の金融システムなど、グローバルなシステムが日本でつくられるとき、そこに参画したいです。そのためには、全国的なシステムの実績が必要ですので、これからも仕事の実績を積み上げていくつもりです。
今はリーダーですが、将来的には複数のチームを管理するプロジェクトマネージャーになりたい。プロジェクトマネージャーになると、協力会社を含め、数10名のメンバーをまとめていくことになります。自分の子どもに「このシステムはお父さんがつくったんだよ」と言えるような、長期間使われる大規模なシステムをつくりたいですね。

しっかりした教育体制と明るく元気な社風。
「成長したい!」気持ちに会社が応えてくれる。

現在の仕事内容は?

大手生命保険会社のシステム開発プロジェクトでPMO(Project Management Office)を務めています。PMOとは、プロジェクト全般を管理統括し、お客さまと委託業者の間に立ってプロジェクトの円滑な進行を支援する役割です。これまでの業務ノウハウを活かし、お客さまにプロジェクトの管理方法をアドバイスすることもあります。
現在、プロジェクトには20チーム約100名のメンバーが所属しており、私を含めて3名の管理チームが統括します。朝は管理チームのミーティングでスタート。20チームの進捗状況をつねにチェックし、その日の達成目標を細かく決めて、1日の終わりに成果を確認します。

仕事の難しいところ、面白いところは?

お客さまのご要望、私たち管理チームの要望、各チームの要望は、相容れないことも少なくありません。そんなとき、情報を収集して分析し、落としどころをどこに求めるのかがPMOの力の見せどころ。時にはトップダウン方式で作業を進めることも必要です。
ただし、メンバーの労働条件には充分考慮しなくてはなりません。とりわけメンバーのモチベーションアップがプロジェクトそのものの成功率を向上させるため、メンタルに配慮したマネジメントが重要です。管理する立場になるとプロジェクトの進捗状況ばかりに目が行きがちですが、メンバーとどれだけコミュニケーションを取れるかが問われるところです。

アプリケーションプランニングの社風は?

明るくて元気な会社です。
実は入社前には私も、プログラマーやシステムエンジニアは一人でPCに向かうもの、というイメージを持っていました。ところが、入社してみると先輩方との交流が多いですし、バーベキュー大会・ボーリング大会・社員旅行など、いろいろなイベントが用意されています。飲み会もあちらこちらでしょっちゅう開かれていて、とてもアットホームな雰囲気です。これは私が入社した10年前も今も変わりませんので、先輩から後輩へと継承されている当社の社風なんでしょう。

将来の目標を教えてください。

現在、私のポジションは管理職の中でいちばん下に位置しています。
これからも新しい仕事にどんどんチャレンジして、自分の市場価値を高めていきたいですね。どんな役職であっても、「Hさんと仕事がしたい」と言ってもらえる存在になりたいです。
これから当社に入社される方には、ぜひ熱意とビジョンを持っていただきたいです。文系理系などの出身や、プログラミング知識がないことなんて関係ありません。当社は教育体制がしっかりしていますし、働く環境が整っていて、今後の成長が見込める企業です。成長していく企業の中で「自分自身も成長したい!」という気持ちをお持ちの方なら、きっと仕事を楽しめるはずです。